モビット 即日融資

「モビット」でお得な返済をする方法

「モビット」の返済方法は、「口座振替」「銀行振込」「提携ATMからの入金」から返済ができます。ただし、返済方法によっては手数料が必要になるので、手数料無料の返済方法を知っておく必要があります。

 

他社と比べて経費がかかる

お金を借りる時、金利ばかりに目がいってしまいますが、それ以外にも返済方法によっては利用手数料が必要になります。提携ATMの利用手数料は1万円以下なら108円、1万円以上は216円の利用手数料が必要で、借入や返済するたびに手数料が必要という事は、目に見えない利息を払っている事と同じ結果になります。

 

「モビット」の返済を手数料無料で利用する為には、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を作り、その口座から「口座振替」で返済する方法しかありません。

 

提携ATMを利用する場合でも、唯一手数料無料で利用できるのは、三井住友銀行ATMだけというのがデメリットと言えます。モビットを利用する時は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を作っておくことをおすすめします。

 

コンビニATMは使えない

他社では手数料無料で利用できる提携ATMが用意されていますが、「モビット」はすべてに手数料が必要になります。手数料も1万円以下なら108円、1万円以上は216円の利用手数料を負担しなければなりません。

 

仮に、「モビット」の返済シミュレーションを使って計算すると、20万円を借りて毎月8,000円の返済を続けると返済回数は32回になり、完済までに、108円×32回=3,456円が返済手数料になります。この手数料が安いか高いかは人それぞれでしょうが、金利以外に不要なコストは出来るだけ避けたいものです。

 

手数料無料で返済する方法

ゆいいつ、手数料無料で返済する方法は、銀行振込になります。銀行によっては口座を作っておくと条件なしで、手数料無料で他行への振込が出来るサービスや、条件付きになりますが、手数料無料で振込が可能な銀行が有ります。

 

たとえば住信SBIネット銀行月3回まで無料で利用でき、新生銀行は月1回残高や利用サービスによっては5回、10回まで無料になります。「モビット」を利用する時は、これらの銀行で口座を作れば無駄な経費が省けます。

 

 

モビットはこちら